令和元年度おいしごはんを食べよう県民運動事例発表会 開催のお知らせ

 

 兵庫県では、「ごはん」を通じて健康的な食生活の在り方や農業・農村の役割、食料問題を考え、「ごはん」を中心とした食生活の良さを広く県民の皆様にご理解いただくために、「おいしいごはんを食べよう県民運動」を推進しています。

 このたび、県民運動を実践している、会員団体の取組を紹介する事例発表会を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

1 日 時  令和元年7月25日(木)11時00分〜12時00分

                  (開場 10時45分〜)

 

 

2 会 場  兵庫県民会館11階 パルテホール

      (神戸市中央区下山手通4−16−3)


       JR・阪神元町駅から北へ徒歩7分 、神戸市営地下鉄県庁前駅下車すぐ

 

 

3入場料   無料

 

 

4 発表団体 一般社団法人兵庫県食品産業協会会員 株式会社マルヤナギ小倉屋

      「マルヤナギが伝えたい“和ごはんと食物繊維”」(仮題)

      

       生活協同組合コープ自然派兵庫
      「おいしいは田んぼから」(仮題)

      

       兵庫県農政環境部農政企画局総合農政課楽農生活室

      「〜おいしいごはんを食べよう県民運動20周年〜かまどごはん塾」

                                                                                                                                (仮題)

 

5 チラシ    おいしいごはんを食べよう県民運動事例発表会チラシ

 

 

6 お申込み 事前のお申込みは不要です。参加を希望される方は、

       当日直接会場へお越しください。

 

 

7 お問い合わせ

       おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会事務局

       〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

       兵庫県農政環境部農政企画局総合農政課楽農生活室

       TEL:078-362-3444  FAX:078-362-4458

 

 

令和元年度(第22回)お弁当・おむすびコンテストの作品募集について

 兵庫県では、「お米」を通じて健康的な食生活のあり方や農業・農村の役割、食料問題を考え、「お米」を中心とした食生活の良さをご理解いただくため、平成9年度から「おいしいごはんを食べよう県民運動」を展開しております。
 この運動の一環として、児童・生徒の皆さんが、ごはん食や県産農林水産物について興味を持ち、親しんでもらうために、ごはんを中心としたヘルシーな「お弁当」や大切な人への感謝や愛情を込めた「おむすび」のアイデアを募集します。

 

 

1 主催
 おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会、兵庫県米穀事業協同組合、兵庫県

 

 

2 募集概要


(1)あけてニッコリ!!わくわくお弁当コンテスト 

 

募集テーマ

「阪神・淡路大震災25年 

   ひょうごがいっぱい!手軽でおいしいごはん弁当」
兵庫県産の食材を取り入れ、郷土食豊かで手軽に作れるお弁当を募集

応募資格 兵庫県内に在住、在学の中学生・高校生

 

(2)見て楽しい!食べておいしい!おむすびコンテスト 

 

募集テーマ

「阪神・淡路大震災25年 おむすびが届ける感謝の気持ち」
家族や大切な人に食べてほしい、

感謝の気持ちや愛情たっぷりのおむすびを募集

応募資格 兵庫県内に在住、在学の小学生・中学生

 

 

3 応募方法
 応募用紙に必要事項を記入し、作品の写真を貼り付けて、下記の応募先まで送付して下さい。
 なお、応募用紙は以下のリンクからダウンロードできます。
  ・応募用紙(お弁当コンテスト)

  ・応募用紙(おむすびコンテスト)

 

 

4 応募締切
令和元年9月20日(金) 当日消印有効

 

 

5 応募・問い合わせ先
 お弁当・おむすびコンテスト係(商工印刷株式会社内)
   〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町4丁目5−7
 電話:078-221-1115  FAX:078ー241ー0018

 (月〜金 10:00〜16:00 土日祝は休み)

  

                                                       

「ダブルインコメ」プロジェクト


★プロジェクト名のダブルインコメとは?


ヽ慇犬粒萋阿紡个垢觴嬶蕕鬚米で支払うことに加え、
学生が事業を通じて、コメの大切さへの「気づき」を得る
という意味を込めています。



取り組んだ結果はダブルインコメHPにて掲載しておりますので、是非ご覧ください。

 

 

ダブルインコメHP ⇒ https://d-inkome.com/
※県民運動HPトップ画面にある右側のリンクからも見ることができます!

 

 

 

 

 

 

 

 

県民運動や災害時の食を掲載した「災害時にも役立つお米・ごはんBOOK」発行!

このたび、当協議会では「災害時にも役立つお米・ごはんBOOK」を発行しました。

 

本冊子には、おいしいごはんを食べよう県民運動について紹介しているほか、災害発生直後のライフラインが途絶えた状況下でも、できる限り自力で食べ物を確保できるよう、普段の備えや避難生活の中でも温かい食事を確保するための工夫等、いざというときに役立つ知識をたくさん掲載しています。

 

冊子については、コチラからダウンロードできますので、是非一度ご覧ください。

 

1 冊子名:災害時も役立つお米・ごはんBOOK

 

2 発 行:おいしいごはんを食べよう県民運動推進協議会、兵庫県米穀事業協同組合

 

3 協 力:兵庫県健康福祉部健康増進課

 

4 使 用:A5版/中とじ 14ページ

 

5 内 容:

(1)おいしいごはんを食べよう県民運動4つのテーマ

(2)1月17日はおむすびの日

(3)おいしいごはんを食べよう県民運動に参加しよう

(4)災害時の食

(5)災害時の調理にあると便利なもの

(6)小さいこどもや高齢者がいる家庭で備えるもの

(7)災害時に役立つ調理方法(パッククッキング)

(8)買い置き食品リスト

 

 

 

みなさん、1月17日はおむすびの日です!

阪神・淡路大震災の際、多くの被災者に希望とぬくもりを与えてくれたのが「おむすび」の炊き出しでした。この経験から、おむすび、そしてお米・ごはんの大切さを再認識し、次の世代まで語り継いでいくことを目的に1月17日が「おむすびの日」と定められました(2000年に日本記念日協会登録)。

 

「おいしいごはんを食べよう県民運動」では震災の経験を伝え、「お米・ごはん」の大切さや美味しさを県民のみなさまに再認識していただくために、「おむすびの日」の啓発を行っていますおむすび2

今年度も、1月17日にHAT神戸なぎさ公園で開催されます「ひょうご安全の日のつどい」へ出展します。

パネル展示や回答者にプレゼントがもらえるアンケートの実施のほか、新しく発行しました「災害時にも役立つお米・ごはんBOOK」もお配りします。お米に関する知識はもちろん、災害発生時にライフラインが途絶えた状況下でも、ポリ袋などを使用して簡単に調理できるレシピの紹介など、災害時に役立つ知識をたくさん掲載しています。

是非、お立ち寄りいただき、少しでもごはんのことを知ってもらうきっかけになれば幸いです!

 

   

 

 

 

| 1/15PAGES | >>
  • おいしいごはんを食べよう県民運動からのお知らせコーナー
  • 宝塚歌劇団プロジェクト
  • 保田先生のごはん塾
  • 今までの活動
  • おいしいごはんを食べよう県民運動
  • リンク集

カテゴリ

最近の記事

過去の記事